均整ネットワーク: 身体均整師会身体均整法学園

1.はじめに


運動系−くつろぎ

 社会の高齢化がすすむなか、健康で安心な生活を続けてゆく上で、身体の運動機能の維持・増進は、欠かすことのできないテーマです。
 運動機能の低下は、身体各部の痛みやだるさ、感覚障害などの自律神経徴候をもたらすとともに、生活習慣病の発症などとも強い結びつきをもっていることが、注目されています。

 身体均整法は、身体の運動機能をてがかりに、心身のくつろぎの姿を読みとり、的確な調整手技をほどこして、運動系・頭脳系・自律神経系が有機的にむすびついた深いリラクゼーションを実現しようとするところにその特徴があります。
 さまざまなストレスをのりこえ、健康で充実した日々を過ごしてゆくために、広く活用できる安全で有効な手技療法なのです。